九重栗カボチャ:親蔓の摘芯

毎年九重栗カボチャを栽培している。2018年1月16日、栽培予定地(冬ダイコンの跡地:幅約1m×長さ5m)の天地返し返しをする。

2月26日、栽培予定地に米糠を散布し鋤きこむ。4月5日、種(購入種、自家製種)の芽出しを始める。4月10日、簡易温床に播種する。4月20日、発芽が始まる。

5月6日、元肥を施し、畝をつくる。5月11日、本葉5~6枚に生長した苗(購入種2株、自家製種6株)を植え付ける。5月31日、親蔓を摘芯する。

8.親蔓の摘芯(5月31日)

5月11日、簡易温床の苗が本葉5~6枚に生長したので苗8株を平畝に植え付ける。5月31日、3本仕立てにするため親蔓を摘芯する。

(九重栗カボチャの親蔓を摘芯する)

5株の親蔓の芯を止め、今後子蔓を伸ばし3本仕立てにする。九重栗カボチャの畝全体にスナップエンドウの残渣を敷き詰める。

蔓が50cm程度伸びたら1回目の追肥を施す予定。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする